8:早速始めるボケ防止策1

年齢を重ねると誰でも物忘れが激しくなったりすることってありますけど、
やはり高齢者のボケはできるだけ自分でも家族でも避けたいものですよね。
なるべく一生ボケずに楽しく健康で暮らしたいのが誰もが抱える願いです。


では、ボケ防止にはどのような行動を取ればよいのでしょうか。
考えてみましょう。


ボケてしまっている方は脳が委縮していることがほとんどです。
前頭葉や側頭葉の血液が少なくなっています。
そこに注目する事もボケ防止策の大きな一つになると思います。
ボケを防止するには、この前頭葉や側頭葉の血液を
良くすることが大切なキーポイントとなってきます。
運動量が元々多い方はアルツハイマーになる確率が低いと海外で言われています。

また、早足で歩いたりウォーキングやハイキングは
脳の血流を良くする働きがありますので、
ウォーキングやハイキングを日常生活に取り入れてみると良いでしょう。


また声に出して本や新聞などを読むのも、
前頭葉の血流が増える効果があり良いとされていますから積極的にやってみましょう。
良く考えてみると日常生活で毎日出来るボケ防止方法は多くあります。
まずはご自分の周りで考えてみて下さい。
その行為だけでも防止策のひとつなのですけれどね。。。



⇒トップページへ