4:心身の活動、イコール、ボケ防止1

人間、誰しも年を重ねれば頭も身体も衰えてくるのは自然の摂理でありまして、
老化現象は避けて通れないものです。

だがしかし、仕方ないとはいいながらも、
個人個人によってその心身の衰えにはずい分と差があるものです。
年をとればとるほど、その格差は大きくなっていくというのもまた現実でありましょう。

頭の老化を俗に「ボケた」なんていいますが、
できれば死ぬまでボケずに過ごすことができればその人は幸せだと思います。
さてこのボケ防止のためには、どんなことをすればいいのでしょうか。

職場の先輩から聞いた話なのですが、その方の義理のお姉さんがボケてしまったというのです。
なんでも夫、つまりその先輩の兄なのですが、
彼が亡くなってからというもの、急速に衰えだしたというのです。
一体彼女はどんな生活をしていたかといいますと、ほぼ一日やることもなく、
テレビの前にいる、しかも、何も考えずにぼーっとテレビを見ているそうなのです。
お食事の支度も年をとれば面倒になるのでしょうね・・・・
近所のコンビニで買ってきたお弁当ばかりを食べているらしいのです。
食事くらいちゃんと作りなさいよ、と助言もしたそうですが
何もかもしなくなってしまったそうです。

こういう生活はボケを促進してしまうと思うのです。


⇒トップページへ