3:コミュニケーションは大切

簡単なボケ防止はまずは「コミュニケーション」です。
家族、近所や友人の方と積極的にコミュニケーションをするだけで、ボケない暮らしが可能なのです。
なので出来れば1人暮らしは避けたいですね。
常にコミュニケーションを取って能の活性化をすることが大事です。

家族などと一緒に居るからと安心するのではなくて、体力の衰えにも気を配りながら、
散歩やウォーキングなどをして体を動かすことも大事でしょう。
すでに運動量とボケの関係は明らかになっていて、
運動量の多い方はボケになりにくいと証明されているのです。
健康維持とボケ防止の一石二鳥なので、適度の運動が大事なことは言うまでもありませんね。


家にいる際には日記やエッセイなどを書くのも良いでしょう。
こうした作業は記憶を呼び起こすことにつながるので、
脳に血流がたくさん送られるのでボケ防止につながるのですよね。
指を動かすことも良いことなので脳の活性化につながるのです。


食生活にも気をつけましょう。
青魚には頭が良くなる成分としても有名なDHAやEPAといった成分が多量に含まれているので
ボケ防止には効果的ですし、緑黄色野菜を摂取すると
血液がサラサラになるので、血液巡回が良くなるのでやはりおすすめです。
ボケの予防は自分の努力でいくらでも出来るので、是非取り組んで行きましょう。


⇒トップページへ