16:パズルゲームでボケ防止2

より深く記憶を思い出すという行為が、記憶力を鍛える事に繋がって行きます。
しかしどのパズルゲームを遊ぶ時にも注意が必要なのが
あまりにもパズルゲームに夢中になるあまりに脳を疲れさせすぎないという事で、
どんな種類のパズルゲームであろうとも適度な休憩時間を作りながら
頭だけでなく目も一緒に休めるという事を忘れない様にしましょうね。

目の疲れというのは脳への血行にも関わってくるものですし、
同じ姿勢でずっとパズルゲームを遊んでいると自然と身体の血行も悪くなってしまいます。
一時間ほどパズルゲームを遊んだ後にはゆったりと座れるタイプの椅子に座って休憩したり、
一旦布団で横になって10分ほど休憩するというのもおすすめですよ。
その時にはなるべく休憩前に身体を少し動かしてから休憩しましょう。
おすすめなのは首と肩のストレッチをやってから休憩するという方法で、
脳への血行というのは首と肩の凝りによっても悪くなってしまうのです。

それを事前に防いでおく為にも、首と肩のストレッチをしておけば
脳の疲労だけでなく目疲れ対策にも効果を発揮してくれて安心出来ますよ。
疲れを溜め込まない事もボケ防止には大切な事です。
楽しみながら試してみて下さい。
パズルは素晴らしいボケ防止ゲームです。


⇒トップページへ